酔いやすい体質の理由

たったコップー杯のビールなのに、全身が真っ赤になったり、頭痛や吐き気をもよおす人がいます。こういう人は、「下戸」と呼ばれています。また、人によって、お酒を飲める量が違います。なぜ、こうも違いがあるのでしょう。お酒の強い弱いは、遺伝、体質的にアルコール代謝能力が違うからです。アルコールは、体内に入ると肝臓で酵素の助けを借りて、〈アルコール←アセトアルデヒド←アセテート〉と代謝され、最終的に二酸化炭素と水に分解されます。お酒を飲めない体質の人は、酵素の量が少ないなどの理由で、アセトアルデヒドの分解がスムーズにいかないのです。そして、このアセトアルデヒドが肝臓で分解されずに血液に流れだし、全身の至るところで悪さをするわけです。アセトアルデヒドは、悪酔いや二日酔いを引き起こす毒性の物質です。自分がお酒を飲める体質か、飲めない体質かを見分ける方法が図の『アルコールパッチ・テスト』です。実は、私たちは、遺伝子によって生まれつき飲める飲めないが決まっていたのです。日本人は、40%がぉ酒に弱いタイプといわれています。逆に、ヨーロッパやアフリカ、オーストラリアの人は、ほとんどが飲める遺伝子を持っています。世界の中で酒に弱い体質は、モンゴロイド系のアジア人だけなのです。それでは、お酒は訓練すると強くなるのでしょうか。これは、ノーです。お酒を頻繁に飲んでいると、お酒がたくさん飲めるようになったと思い込む人がいます。

 

しかし、それは脳細胞のお酒に対する反応、あるいは、体のいろいろな反応が鈍くなって、強く感受性が現れなくなっただけなのです。飲めない体質なのに無理に飲んだり、また飲めない人に無理やりすすめないようにしましよう。