味噌の夏バテ防止効果を読み解く

夏に熱々の味嗜汁を飲むというのは、そ‘デ多くはないかもしれません。しかし、実は味噌は夏バテ防止の切り札なのです。
味嗜には、良質のタンパク質、脂質、ビタミンB2、鉄、リン、カルシウムが含まれていることから、総合健康食品といわれています。味噌は、麹による発酵作用で大豆のタンパク質が良質のアミノ酸に分解されます。つまり、非常に消化しやすい形になります。味噌の消化吸収率は95%以上で、ドリンク剤のように飲んだらすぐ効くというわけです。夏バテすると、胃腸が弱って消化機能が衰えてしまいます。そのため、味噌のような消化に優れた食品は、最適なのです。また、味噌は冷え性の解消にも効果的です。しかし、「夏に味噌汁はちょっと……」という人は、次ベージに紹介するように、料理に味噌を使うといいでしょう。

 

スイカといえば、夏の季語に使われるほど、夏におなじみの食べ物です。特にスイカは、熱を冷まし暑さを忘れさせてくれる効果があります。また、スイカには利尿効果もあります。汗をかいてのどが渇いたときは、清涼飲料水を飲むよリスイカを食べることをおすすめします。冷え性や胃腸が弱いという人でないかざり、スイカの食べ過ぎによる障害はありません。また、たくさん食べられないという人は、スイカシュ‥スを飲むといいでしょそして、スイカを食べ終わったら、皮を捨てないてください。皮の白い部分で手足のほてったところをこすると、す―す―と気持ちよくなるのです。スイカのような瓜科の植物は、体を冷やす作用があります。スイカの皮に含まれているカリウムには、体外に水分を排出し、肌の熱を下げる効果があるのです。スイカのほか、夏野菜の代表選手キュウリも似たような作用があります。ぜひ、お試しを。