二日酔いについて

二日酔いについて記事一覧

アルコール中毒には気を付けよう

なくなると、取り返しのつかない怖い病‐ 気が待ち受けていることをご存じですか?それは「アルコール依存症」です。この病気は、推定患者が240万人いるといわれています。男性はピール5本を週4日以上飲む習慣があり、20年間続けるとアルコール依存症になる危険があるといわれています。また、女性は、男性より少な...

≫続きを読む

二日酔いの原因

どうして二日酔いするの?大勢の仲間と楽しくお洒を飲んでいると、どんどんのどを通ってしまうのはだれしも経験ずみのはずです。しかし、度を越してしまうと、悪酔いや二日酔いがあなたを襲います。眠れないほどの頭痛、そして吐き気といった悪酔い特有の症状に悩まされるのです。この二日酔い、悪酔いの原因物質は、「アセ...

≫続きを読む

お酒のカロリーコントロール

よく、お酒を飲むと太るといわれます。しかし、実際はどうなのでしょう。まず、お酒のカロリーですが、ビールの大ジョッキー杯で240キロカロリー、日本酒1合で200キロカロリーと、けっこうな量になります。ちなみにご飯1杯分のカロリーは160キロカロリー。大ジョッキ2杯飲めば、ご飯3杯分のカロリーとなるので...

≫続きを読む

お酒の飲む量が大事

お酒は確実に運動神経を鈍らせます。とはいえ、ほろ酔い程度のお酒はちょっといい気分になり、むしろ身体にとってプラス面の方が多いのです。まず、プラス面ですが、精神的にはストレスのレベルを下げてくれます。これは非常に大切なことです。人によっては、緊張感、不安感を和らげてくれます。そして、食欲を増進させてく...

≫続きを読む

酔いやすい体質の理由

たったコップー杯のビールなのに、全身が真っ赤になったり、頭痛や吐き気をもよおす人がいます。こういう人は、「下戸」と呼ばれています。また、人によって、お酒を飲める量が違います。なぜ、こうも違いがあるのでしょう。お酒の強い弱いは、遺伝、体質的にアルコール代謝能力が違うからです。アルコールは、体内に入ると...

≫続きを読む

酔っ払う理由

下戸の人はともかく、お酒を飲むと、たいがいの人は気持ちがよくなります。つまり、お酒に酔って陽気になるわけです。それはアルコールによって脳細胞に麻痺が始まっているためです。私たちの脳は、通常、理性(大脳新皮質)が本能(大脳辺縁系)を包み込んでいます。つまり、本能の暴走を理性が抑え込んでいるわけです。し...

≫続きを読む

お酒の持つ効果のまとめ

お酒は、約1万年前にすでに存在していたといわれています。しかし、現代のように誰もが飲めるというものではなかったようです。お酒は、神事のとき神と人間が一体になる媒介の役目をしていました。農作物の収穫を神に感謝すると同時に、その喜びを神と分かち合うために、年に1回、すべてを忘れて酔いしれたのです。ところ...

≫続きを読む

味噌の夏バテ防止効果を読み解く

夏に熱々の味嗜汁を飲むというのは、そ‘デ多くはないかもしれません。しかし、実は味噌は夏バテ防止の切り札なのです。味嗜には、良質のタンパク質、脂質、ビタミンB2、鉄、リン、カルシウムが含まれていることから、総合健康食品といわれています。味噌は、麹による発酵作用で大豆のタンパク質が良質のアミノ酸に分解さ...

≫続きを読む